犬のワクチン接種

犬にワクチン接種はしたほうがいいのか?
もちろん接種したほうがいいです。

それはワクチン接種による>副作用という危険性は、ワクチン接種を受けなかったことによる感染の危険性よりずっと低いからです。
つまり、(ワクチン接種による副作用)<(ワクチンを接種しないことによる感染) となります。

■ワクチンの副作用を知る
ワクチンの副作用ですが、病原体の症状が出たり、アレルギー・自己免疫疾患などの病気になったりすることがあります。
特に抵抗力の弱い子犬や老犬が、副作用を起こす確立が成犬に比べると非常に高くなります。命に関わるようなショック症状はは数1万件に1件ぐらいといわれているそうです。
抵抗力の弱い子犬へのワクチン接種は、 「危険を伴う」という事の認識が必要です、ただワクチンを打てば良いというわけではありません。

■ワクチンの種類
犬のワクチン種類は下記の通りです。

1. 犬ジステンパー
2. 犬パルボウイルス感染症
3. 犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
4. 犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
5. 犬パラインフルエンザ
6. 犬コロナウイルス感染症
7. 犬レプトスピラ病黄疸出血型
8. 犬レプトスピラ病カニコーラ型
9. 犬レプトスピラ病へブドマディス

これらは、個別に接種するのではなく、何種類かまとめて接種します。


■接種時期
犬のワクチンは子供の時に複数回接種する必要があります。

・生後60日-1回目
・生後90日-2回目
・生後120日-3回目

上記が一般的とされてますが、副作用を考えて、60日-120日や90日-120日の2回とする 動物病院もあるようです。

■接種間隔
子犬の時期を過ぎた場合、日本では1年に1回のワクチン接種をすすめています。
でもアメリカでは3年に1回が一般的です。
また日本の獣医さんでも、3年に1回でいいといっておられる方がおられます。

この接種間隔については、獣医さんによって意見の分かれるところなんです。
なので、かかりつけの獣医さんに相談してよく考えて決めてください。


→犬の病気へ

スポンサーリンク

しあわせな犬の飼い方・育て方では、犬を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、 犬のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

トップへ戻る