犬の後ろ足は4本指

犬の後ろ足には、4本しか指がありません。 親指がないんです。
ちゃんと前足には五本の指があるのに、なんで後ろ足は一本指が少ないのか?

これは、速く走るのに邪魔(じゃま)だからです。 指の数を少なくしたほうが、速く走るのにはいいんです。
速く走るために、指の数をこれでもかっていうぐらい少なくしたのが、です。 なぜなら、ひづめ一本だけに進化したのですから。

ではなぜ犬も、後ろ足をひづめにしないかというと、 木登りをするときなんかに、指と木にひっかかるつめが必要だからです。

前足は、木登りだけではなくて獲物をつかまえるのにも必要です。
だから、「速く走りたいけど、木登りも獲物をつかまえるのもしなければいけない」という先祖代々のジレンマが、犬にはあるのでしょう。

その結果、狩りには使わない後ろ足の親指をなくして、 速く走れるし、狩りや木登りもできる、という進化をしたと思われます。

→犬の体のしくみへ

スポンサーリンク

しあわせな犬の飼い方・育て方では、犬を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、 犬のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

トップへ戻る