犬に食べさせてはいけない食べ物

犬は与えられたものは大体食べてしまいます。
食べさせてはいけない食べ物リストです。
時には床に落ちたものを食べてしまう場合もありますので、 普段から気をつけるようにしましょう。

■長ネギ、ニラ、玉ネギ、にんにく
ネギ類に含まれる成分が、溶血性貧血の原因となります。
そのほか、嘔吐、下痢、血尿、肝臓、黄疸の症状がでる可能性があります。
ハンバーグなどに入ってる場合もNGです。
台所で料理中も床に落ちる可能性がありますので、とにかく注意をしてください。

■魚介類(イカ、タコ、エビ、カニ、クラゲなど)
魚介類は消化に悪いため、下痢や嘔吐の原因となります。

■牛乳
牛乳が消化できないので、下痢の原因となります。
子犬の場合は栄養が足りないので、必ず市販のミルクを購入してください。
赤ちゃん犬の人工保育 その2 犬用ミルクとトイレ

■チョコレート・ケーキなど甘いもの
チョコレートは、下痢、嘔吐、発熱、興奮の症状が出ますので、 ととにかく与えてはいけません。
甘いものも肥満や歯周病の原因となります。

■香辛料・わさびやからし・こしょうなど刺激の強いもの
犬にとっては刺激が強すぎます。
胃炎や下痢などの原因になります。

■お茶・コーヒー
犬はカフェインがダメです。
下痢、嘔吐、多尿、尿失禁、原因になります。
けいれんやてんかん等の発作を引き起こす場合もあります。

■塩分の多いもの
塩分をとりすぎると、腎臓に負担がかかります。
腎臓病や、オシッコを出すことに関係した病気の原因になります。

■鶏や魚の骨
子犬は噛む力が弱いので、骨を噛み砕けずに 骨のどや胃腸に刺さってしまうことがあります。


→子犬の飼い方へ

スポンサーリンク

しあわせな犬の飼い方・育て方では、犬を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、 犬のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

トップへ戻る