赤ちゃん犬の人工保育 その1

生後4週間までの犬は、母犬か人間のこまめな世話が必要です。

母犬のかわりに赤ちゃん犬を育てるには、まず箱が必要です。
箱の高さは、赤ちゃん犬がはい出せないくらいにします。
高すぎると、あたたかい空気が上にいってしまいます。

そして、中の温度は30℃前後に保ってください。
湿度は60%ぐらいがベストです。

あたためるには、箱の底にペットヒーターやカイロを敷きます。
そしてその上からタオルなどをかぶせます。

ペットヒーターやカイロは、全面に敷かないようにします。
これは、温かくなりすぎたときに、子犬が避難できるようにするためです。





→子犬の飼い方へ

スポンサーリンク

しあわせな犬の飼い方・育て方では、犬を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、 犬のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

トップへ戻る