まず最初の接し方

子犬が家にやってきました、可愛くてしょうがないでしょうけれども、 まずは子犬に安心感を与える事が大切です。

■ケージ・サークルを用意して休ませる
みずしらずの環境に来たわけですから、子犬が安らげるスペースを作ってあげる必要があります。犬のサイズに合わせてケージやサークルを用意して休ませてあげましょう。

設置場所は、孤独を嫌がりますので、人が常にいる部屋の隅っこで、風通しがよく日当たりの良い場所が最適です。
またタオルなどや、母犬の臭いが残ったオモチャなども安心感をあたえるので、置いてあげましょう。

■トイレの場所
排泄中は無防備なので、人の気配がする場所は嫌がります。トイレはあまり人が通らない場所に置きましょう。

■大きな音をださない
子犬は音に敏感です、驚いて神経質になってしまいますので、最初のうちはあまり大きな音を出さないようにしましょう。

■むやみに抱かない
なれてないうちに、急に抱いたりすると、ビックリして暴れたりオシッコをもらしてしまったりします。なるべく自然にゆっくり抱いてあげましょう。 また縦に抱くのも背骨に影響してしまうので厳禁です。


→「犬の飼い方」へ戻る

スポンサーリンク

しあわせな犬の飼い方・育て方では、犬を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、 犬のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

トップへ戻る